日誌

2022年6月の記事一覧

陸上競技部 インターハイ(全国高校総体)出場決定!!

令和4年6月17日(金)~20日(月)、カンセキスタジアムとちぎにて、関東高等学校陸上競技大会(IH北関東予選)が行われました。結果は以下の通りです。

 

【男子走幅跳】

 岩崎裕太(3年)6m85(-0.3)9位

 氣賀澤嵐(3年)6m37(-1.6)22位

 

【男子三段跳】

 岩崎裕太(3年)14m05(+0.5)6位 インターハイ出場!!

 

☟男子三段跳4回目の試技の動画です。

IMG_175383162.MOV

 

第1日目、男子走幅跳に氣賀澤君と岩崎君が出場しました。同じ種目で複数名関東大会に出場すること自体、素晴らしいことです。試合では持っている力を出し切ることができず、選手たちは非常に悔しそうでしたが、精一杯できることをやったと思います。試合終了後の立ち居振る舞いも、顧問から見ても立派なものでした。

第4日目、男子三段跳に岩崎君が出場。昨年度、そして今大会の走幅跳のリベンジ。1回目、2回目の試技では思うように合わせて跳ぶことができず、追い込まれる状況になりましたが、3回目の試技で14m04を跳び、悪い流れを払拭。TOP8に残り5番手に。4回目の試技で1cm記録をあげ14m05。多くの選手が後半の試技から記録を更新する流れがあり、最後の試技まで常に手に汗握る展開でしたが、6位入賞が確定。リベンジを果たし、無事にインターハイへの出場権を獲得することができました。

 

フィールド種目は駆け引きがあるところに面白さがありますが、周りの状況に一喜一憂したり、左右されることなく、気持ちを切らさず自分の試技に集中し、力を発揮することが求められます。今回、追い込まれた状況の中でもしっかり結果を残すことができたのは、心身ともに確実に強くなった証拠です。

 

インターハイまで残すところ約一ヶ月。持っている力を余すところなく発揮できるよう、精一杯準備していきます。

インターハイは、徳島県鳴門市鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムにて行われます。

8月6日(土)12:50予選、16:30決勝 の予定です。

引き続き応援よろしくお願いいたします。

0