八高ナウポート

八高ナウポート

課題考査の実施(1・2学年)


1月9日(金)

1・2学年を対象に課題考査を実施いたしました。この取り組みは学習力向上のために、昨年1月より外部教育関連企業の協賛を受けて行っています。この考査結果は冊子となって、生徒の手に渡ります。これにより、学期に1回、学習の取り組みに対する経過分析をすることが可能となり、生徒自らの分析力向上に役立てられるようになりました。その資料を有効活用するために、昨年3月には教職員を対象に研修会が実施され、生徒の学習力向上への指導体制は強化されました。今後、継続して分析を行うことで、進路指導にも役立つものと確信しております。本校の学習活動の骨子詳細はこちらから・・・

沖縄修学旅行(2学年)


12月9日(火)~12日(金)

沖縄へ修学旅行に行ってきました。今回の修学旅行は読谷村の各民家へ3連泊をさせていただくことになりました。本校では初めての試みでしたが、民家の方々には、「いちゃりば家族(=出会えば兄弟)」という合言葉の下、本当の家族のように接していただきました。生徒たちはそれぞれに

〇平和学習から「命どぅ宝(ぬちどぅたから)」=命こそ宝であること
〇民家の方々との触れ合いから「ゆいまーる」=助け合うことの大切さ
〇漁業や農業体験から=職業観の養成など

さまざまな体験を行うことができたと思います。いよいよ2年生は来年度の進路活動に向けて、自分磨きに更なる尽力が求められます。旅の中から学んだことを生かして邁進してほしいものです。改めてご協力いただいた読谷村の方々、本当に「にふぇーでーびる(=ありがとうございました)」

   

人権教育研修会(1年)

 本校1年生を対象とした人権教育講演会を以下のとおり開催しました。当日は、PTA役員の方をはじめ、一般の方も参加され、拉致問題に関する講演に熱心に聞き入っていました。
 なお、本講習会については、12/5(金)付けの産経新聞朝刊に記事が掲載されました。
1 日 時  平成26年12月4日(木)13:15~15:00
2 場 所  本校体育館
3 テーマ  北朝鮮による拉致に関わる人権問題
4 講 師  藤田 隆司 氏(川口市の特定失踪者 藤田 進 さんの弟)
        竹本 博光 氏(北朝鮮に拉致された日本人を救出する埼玉の会代表)

 

マラソン大会

11月27日(木)

 穏やかな空気に包まれて、三郷運動公園をスタート地点として、男子18km、女子10kmのマラソン大会が行われました。
 本校では平素の授業で計測したタイムに基づき、男女とも上位30名をシード選手としています。シード選手は一般の選手より50m前からスタートできます。この制度導入により、スタート地点の混雑が解消され、年々平均タイムが速くなっています。
 また、正確なタイム計測を可能とするため、国際試合等でも利用されているRSタグを導入し、ハイテクノロジーな環境で大会を運営しました。おかげで個人戦、クラス団体戦ともハイレベルな大会となりました。

2学年進路別見学会


11月20日(木)

本校の伝統行事である進路別見学会が行われました。
当日は雨が降る中、進路意識を高めることを目的に生徒各自の進路希望に沿った企業、大学、専門学校に訪問させていただきました。当日は、イトーヨーカ堂様、コモディイイダ様、第一貨物様、大日本印刷様、エイゾー様、SMC様、プリンセストラヤ様にご協力いただきました。来年の就職・進学活動を踏まえて、多くのアドバイスをいただきました。一部、ご紹介いたします。

〇社会人として働くために必要な心構え
〇今からできる進路活動のポイント
〇自分を磨くために考えなければならないこと

見学翌日、生徒の顔つきが少し大人に見えました。あらためてコミュニケーション能力の養成が肝要であることに気がついた生徒が多かったのでしょうか。当日、ご協力いただいた企業、大学、専門学校のみなさま、本当にありがとうございました。