八高ナウポート

八高ナウポート

潮止中学校の皆さんがご来校


2月10日(火)八潮市立潮止中学校の生徒さん105名と教職員の方々をお招きして、体験授業を実施いたしました。中学生の皆さんのあいさつはとても清々しく、私たちにも多くの元気をいただきました。当日は、学校概要の説明、生徒会生徒とのふれあい交流会、英語、数学、美術の授業体験、学食体験などさまざまなイベントを開催しました。

  
  
  

こうした中高連携事業が八潮市全体の教育力の向上につながることを信じて、今後とも交流を深めていけたら幸いです。潮止中の先生方ならびに生徒の皆さん、本当にありがとうございました。これからもお互い頑張りましょう。

漢字検定の実施(1・2学年)


2月6日(金)放課後を利用して、平成26年度第3回日本漢字能力検定を1・2学年の生徒全員を対象に実施いたしました。基礎学力の向上に努める生徒が数多くいる中で、上位級取得に挑戦する生徒も年々、増加しています。来年度は更なる取得率の向上のために国語科を中心に指導体制を確立していく覚悟です。

体育コース スキー実習

 2月1日(日)~3日(火)の3日間、1・2年生の体育コース79名が、会津高原たかつえスキー場で恒例のスキー実習を実施しました。
 知識技能の習得に加え、集団生活の中で協力し合う資質を養う重要な3日間です。
 SAJ・SIA公認のARS会津高原自然学校の皆さんの熱心なご指導の下、全員で国際スキー技能検定取得に挑戦しました。2年生は2度目の挑戦でしたが、多くの生徒がランクを上げました。また、1年生も頑張って、今年はシルバー8名、セミシルバー22名等の合格者を出しました。
 天候は連日の降雪でやや厳しいものがありましたが、雪質は最高のパウダースノーで、すばらしくも厳しい自然の中で、生徒たちは精一杯頑張り、大きな成長を遂げました。
  
  

保護者アンケート実施報告

先日、2学期末にとらせていただいた本校の保護者の方を対象にしたアンケート結果では主に以下のようなお応えをいただきました。上位3項目のデータです。



その結果、約59%の保護者の方が、「進学先・就職先の充実および授業の充実・学力の向上」を挙げていることがわかりました。

本校では3学期に入り、以下の活動に力を入れております。

〇 1月 9日 課題考査(1・2学年)・・・基礎学力の養成
〇 1月15日 一般常識テスト(1・2学年)・・・SPIに対応できる解答力の育成
〇 1月22日 職業適性検査(2学年)・・・自己分析の資料入手
〇 1月29日 クレペリン検査(2学年)・・・自己分析の資料入手
          職業体験(1学年)・・・進路適性の自己判断
〇 2月 6日 漢字検定(1・2学年)・・・資格取得率の向上
〇 2月12日 進路懇談会(2学年)・・・現3年生からの助言
〇 2月14日 保護者向け進路説明会・・・平成26年度進路活動報告(情報交換)


上記のアンケート結果にお応えするためにも教職員が連携を図り、保護者の方々のニーズを叶える学校づくりに努めて参ります。

ギャンブル依存症問題講演会


1月24日(土)に依存症克服支援機関 JAGO代表の大崎大地氏をお招きして、ギャンブル依存症問題講演会を開催いたしました。実際にギャンブル依存になってしまった方々からのリアルな話や大崎代表からのギャンブルの実態と課題など、現代社会の病巣を垣間見える2時間となりました。「ギャンブル問題を解決するのは教育しかない」という大崎代表のお言葉が印象に残りました。