第二言語習得研究会(8/2)

 2021年8月2日(月)

小・中・高等学校英語教育強化事業に係る第二言語習得研究会を開催しました。

 市内異校種の英語ご担当の先生方をお招きし、第二言語習得の概要に係る講義と研究協議をとおして、Input / Output理論並びに実際の授業におけるInput / Output活動の実践について、理解を深めることができました。 Input活動については、言語習得の観点から、Krashenの提唱するレベル(i+1)と子供たちの発達段階に基づいたExposure(言語に触れること)を増やすことで、より高い効果を得られると考えられるが、音声による提示、文字による提示、ともに一層の工夫が求められる。

 Output活動については、Swainの理論のとおり、既存の言語材料だけで行うOutput活動単体では言語習得となりえないことから、Input活動とOutput活動をいかに組み合わせるかを考える必要がある。 また、InputからOutputにいたる過程において、研究者によって説明はまちまちであるものの、Comprehension, Intake, Integration等の学習過程があることや、Output活動後のフィードバックの必要性など、語学に係る研究材料はまだまだ限りなくあることを再認識した1日でした。

 時間が限られていたので自己紹介を割愛しましたが、講師は元県立総合教育センター外国語指導主事、現県立八潮高等学校教頭が務めました。

 あらためましてご多用の中、ご来校ご参加いただきました先生方、市教育委員会の皆様、もちろん本校英語科スタッフ、並びに教務担当の先生方、誠に有難うございました。

 また、今回の第二言語習得研究会の実施に際し、八潮市立八條中学校大松校長先生をはじめ、永田主幹様に市内調整等全面的にご協力いただき、心より感謝申し上げます。

 市内各学校英語ご担当の先生方におけれましては、本研究会につきまして、ご案内が直前となりましたこと、お詫び申し上げます。次回はもっと早くご案内させていただきたき、未来のグローバル社会を担う子供たちのための語学研究を、より多くの皆様と共有できるよう努力する所存でおります。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

Always together with you

2021 Saitama pref. YASHIO SHS

県教育委員会高校教育指導課訪問・授業視察(6/2)

 2021年6月2日(水)

小・中・高等学校英語教育強化事業に係る高校教育指導課(県教育委員会)訪問・授業視察が行われました。

 県教育委員会から2名の指導主事にご来校いただき、英語の授業視察後、指導講評をいただきました。

 当日次第はこちら→【E10八潮全】Class observation day for Interschool project for enhancing English teaching 2021.pdf

 

 子供たちの英語による新たな学び、インタラクションを通じた内容理解を中心にご指導いただきました。2020年度末から早々に、ターゲット言語の使用率増加を目標に授業改善を進めていましたが、課題はまだまだあります。

2021 Saitama Pref. YASHIO SHS

令和3年度小・中・高等学校を通じた英語教育強化事業に向けて

本年度4月、県立八潮高等学校は、県教育委員会から

令和3年度小・中・高等学校を通じた英語教育強化事業

の指定を受け、異校種と連携して授業開発を行っています。

 

事業概要はこちら→【埼玉県教育委員会】令和3年度小・中・高等学校英語教育強化事業概要.pdf

 

八潮市に位置する本校は、主に八潮北小学校様、八條中学校様

と連携して、校種による段差のない語学学習を目指します。

2021 Saitama Pref. YASHIO SHS